MENU

突発性難聴を発症しやすい人に特徴はある?

突発性難聴を発症しやすい人に特徴はある?

 

突発性難聴は誰にでも起こる可能性のある病気です。

 

その原因は明確になっていませんが、朝起きたら突然、耳が聞こえなくなっているという症状があらわれます。

 

昨今のデータでは、100万人のうち275人ほどが発症しているとされ、現代人に多い病気としても知られています。

 

原因が明確になっていないとはいえ、いくつか有力な説があります。

 

主な原因としてあげられるのが、ウイルス感染と体のめぐりの悪さからくるものです。

 

ウイルス感染にうちては、感染症に似た症状が前触れのように起こり難聴を起こすことがあります。

 

はしかやおたくふくなどの感染症を発症した場合に、それが起因として突発性難聴を起こすことがあります。

 

次に体のめぐりです。体のめぐり、血液循環が悪くなっていると、耳の重要な部分の機能に影響するため、突発性難聴を起こすことがあります。

 

生活習慣病も関係していて、生活習慣病を発症していると突発性難聴が起こるリスクも高いとも考えられるようです。

 

もちろん、病気を発症していなくても、突発性難聴を起こすことがあります。

 

どちらにしても、ウイルスに強い体を維持し、体のめぐりを良くすることで予防していくことができます。

 

また、「ストレス」が起因になるケースも珍しくありません。

 

現在はストレス社会ですから、これもまた現代人に多い理由のひとつかもしれません。

 

過度のストレスを受け、そのストレスを発散できず溜めこんでしまうと、突発性難聴を起こすことがあります。