MENU

突発性難聴は治る?それとも治らない?

突発性難聴は治る?それとも治らない?

 

突発性難聴は難病に指定されています。

 

これは未だに原因が明確に分かっていないことなどが理由のようです。

 

難病と言われると、治療が確立されていなく完治しないという印象をもたれるかと思います。

 

しかし、突発性難聴においては、完治する可能性のある病気ですので、希望を持ってください。

 

突発性難病は事実、原因が分かっていないため治療法も確立されているわけではないのですが、完治している人も少なくありません。

 

発症者の1/3の割合で、完治するとされています。

 

残りの2/3に関しては、後遺症が残る場合もありますが、ある程度は回復しているという話もあるようです。

 

この通り、突発性難聴は難病といっても、不治の病ではありません。

 

治療でも、血液循環などが関係しているという説から、中耳の血液循環を促す薬物療法や、入院などの方法があります。

 

突発性難聴を発症したら一刻も早く病院で検査を受けて、治療を受けることが完治までのプロセスで重要と言えます。

 

自然治癒する可能性はあるのですが、何もしないでいるほど、回復の可能性は下っていくことでしょう。

 

我慢せずに病院で検査を受けて、医師の指導のもと、治療に専念してください。

 

生活面でもストレスを解消させて、食生活などに気を付けることで、症状を改善していくことができます。

 

ちなみに、突発性難聴は再発はしません。完治したら、再発する可能性はほとんどないとされています。