MENU

突発性難聴の特徴とは?

突発性難聴の特徴とは?

 

突発性難聴は原因が明確になっていませんが、ウイルス性感染や体のめぐりの悪さが関係していると言われています。

 

また、ストレスがキッカケで発症することも多く、現在では発症率も増加傾向にあるとされています。

 

原因不明であることから、指定難病に当てはまる病気です。

 

突発性難聴には、いくつか特徴があります。

 

  • 突発的に発症する
  • ハッキリと聞こえにくくなる
  • 片耳だけ聞こえなくなる

 

 

症するのが突然であることが最大の特徴です。

 

数ヶ月かけて徐々に耳が聞こえにくくなるのは突発性難聴ではありません。

 

突発性難聴の場合は、いつ耳が聞こえなくなったのか、そのタイミングがハッキリと分かります。

 

起きたら耳が聞こえなくなっていたという状況です。

 

夜寝る前までは耳が普通に聞こえていたにもかかわらず、朝起きたら、耳が聞こえなくなっていたという症状が主な突発性難聴の症状であり特徴でもあります。

 

耳ではなく、片耳だけ聞こえなくなる人が多いです。

稀に両耳が難聴になることもありますが、発症者の傾向をみると、片耳のみ聞こえないという方が多いとされています。

 

もしも難聴の症状が出たら、その日は家事や仕事は休み、すぐに病院に行くようにしてください。

 

指定難病の一種ですが、早期治療によって回復が見込めます。

反対に治療が遅れるほど、回復しづらくなるので注意しましょう。