MENU

突発性難聴によるめまいに注意!

突発性難聴によるめまいに注意!

突発性難聴になると、まず耳が聞こえづらくなる症状が出ます。

 

これが一般的ですが、それに伴って別の症状を併発するケースは珍しくありません。

 

突発性難聴と診断された患者さんの約3割が「めまい」の症状があると言います。

 

めまいの症状は長く続くものではなく、発作的に起こるのが特徴です。

 

めまいの症状自体は軽くみられやすいのですが、突発性難聴めまいを併発している状態は非常に危険です。

 

耳が聞こえづらいときにめまいが起きてしまったら、思わぬ事故やアクシデントを起こすリスクがあります。

 

たとえ車を運転していなくても、歩いているだけ、自転車に乗っている場合でも、唐突にめまいは起こるので、危険な事故を招く恐れがあります。

 

また、日常生活にも支障がでます。

 

自宅に居たとしてもめまいがひどいと動けなくなり、家事ができないというケースもあります。

 

無論、仕事にも影響をきたします。

 

めまいは一時的なものなので、もしもめまいの症状が出たらムリに動かずに、休むようにしてください。

自宅なら布団やベッドで横になり、安静にしましょう。

外出先で起きたときには、公園のベンチなど休める場所で、落ち着くまで安静にしてください。

 

めまいがツラいときには我慢も禁物です。お医者さんに相談し、解決策を考えていきましょう。

 

ちなみに、突発性難聴が治ったあとに、めまいの症状が出ることもあります。