MENU

体のめぐりが悪いと突発性難聴になる?

体のめぐりが悪いと突発性難聴になる?

突発性難聴は、突然耳が聞こえなくなる症状です。

 

突発的に起こり、そのきっかけはストレスなど、さまざまな説があります。

 

しかしながら、原因については未だ明確にはなっていません。

 

ただし、考えられる原因として「体のめぐりの悪さ」が関係していると言われています。

 

血液循環が悪いなど体のめぐりが悪いことが、ひとつの原因です。

 

この原因は有力で、実際に治療においても、内耳の血管を拡張させる施術などが行われています。

 

そもそも、耳が聞こえなくなる仕組みに、めぐりの悪さが関係しています。

 

音というのは、耳の中にある耳小骨が振動を蝸牛のリンパ液に伝わって、有毛細胞が振動し、さらに脳へ伝達されて音が聞こえるシステムになっています。

 

難聴になっているときには、この有毛細胞に何らかの異変が起きていると考えられます。

 

そしてその原因として、血液循環など体のめぐりの悪さがあげられます。他にもウイルス性もありますが、最近増えている理由としても、体のめぐりが悪いことは有力な説になっています。

 

つまりは裏を返すと、体のめぐりを促し、良い状態を保つことが、突発性難聴の予防になると考えられます。このように突破口はあるので、生活の見直しが大切です。

めぐりを改善するためには、食生活の見直しおよび適度な運動が必要になります。

規則正しく健康的な生活を送ることによって、突発性難聴の原因をひとつ消していくことができます。