MENU

ストレスがきっかけで突発性難聴は発症する?

ストレスがきっかけで突発性難聴は発症する?

 

突発性難聴の原因は明確になっていませんが、ストレスがキッカケで起こることもあります。

 

過度のストレスを受け続けて、解消できず溜めこんでしまうと心身ともに調子を乱して、突発性難聴も発症することがあります。

 

現在はストレス社会と呼ばれていますから、多くの方がストレスを抱えていると思います。

 

ただし、適度なストレスは体に良い刺戟をもたらします。

 

適度な刺激を受けることで、感情などが豊かになってきます。

 

これで、興奮したり、怒りや泣くなどの感情があらわれます。

 

ストレスを受けると、感情に関わる交感神経が優勢になっていることが関係しています。

 

普段も日中は交感神経が盛んになるため、昼間は集中力などの力を発揮しています。

 

そして、夜になると、寝る前には副交感神経が優勢になり、気持ちが落ち着いて眠りに入ります。

 

ところが、

過度のストレスを受けていると、この副交感神経が優位にならず、常に交感神経を刺激することになります。その結果、夜は寝ることができなくなり、気持ちもリラックスできなくなります。

 

ストレスを完全に予防することはできないので、うまく付き合っていくことが大切です。

 

まず、ストレスを溜めこまないように、解消していくようにしましょう。

 

軽く体を動かす方法がおすすめです。運動はリフレッシュできますし、体のめぐりを良くすることもできます。

もしもストレスがキッカケで突発性難聴を起こしたときには、気持ちをリフレッシュし、そのストレスの元を取り除くことが重要です。