MENU

ウイルス感染からくる突発性難聴とは?

ウイルス感染からくる突発性難聴とは?

 

突発性難聴の原因は明確になっていませんが、有力な説では「ウイルス性感染」も一つの原因と考えられています。

 

ウイルス感染による感染症が起きたのちに、突発性難聴の症状が出てきます。

 

感染症では、「おたくふく、はしか、みずぼうそう」などの感染症がキッカケで、突発性難聴を起こすことがあります。

 

これらの感染症も一時的ですし、突発性難聴も一時的で症状は大分回復していきます。

 

ウイルス性感染による突発性難聴の場合は、突然耳が聞こえなくなる症状はありますが、前兆になる症状があります。

 

風邪に似ている症状が出たあとに、突発性難聴を発症するのが、ウイルス性です。

 

たとえば、吐き気や嘔吐などの症状が出て、それがはしかなどの感染症だとして、その後、突発性難聴を起こすことがあります。

 

ただし、これらの病気を発症しても、必ず突発性難聴を起こすわけではありません。全体的の割合でみると少ない方です。

 

と言っても、キッカケになるので、ウイルス対策も、突発性難聴対策になります。

 

そもそも体は防衛機能によってウイルスから体を守っています。その働きをになっているのが、免疫です。

 

つまり、免疫力を強化することによって、突発性難聴の発症を対策することができます。

たとえば乳酸菌を摂るなどして、腸内環境を整えていくと、免疫細胞が腸内に集中しているため、免疫力を強化することができます。